消費者金融 金利

消費者金融は金利を比較して検討しよう

消費者金融は金利を比較して検討しよう

初めて消費者金融を利用する際には申し込む会社を選ぶ必要があります。消費者金融を利用する目的はお金を借りることなので、少しでも金利が低い会社を利用すべきです。消費者金融一覧を参考に利率を比較する場合には最低利率ではなく最高利率に着目するようにします。

 

どこの会社でも最初に利用する場合は限度額が低く設定されていて、返済実績や属性の変化などにより限度額が上がる仕組みになっています。個人向けの無担保融資であれば金利は限度額ごとに細かく決められており、利用を始めた直後は限度額が低いため高い利率が適用されます。ちなみに最低利率が適用されるのは融資限度額が会社で定める最大の金額に達した場合です。

 

大手消費者金融の最高限度額は300万〜500万円と高額で、実際にそれだけの金額を借りることなどあり得ないので最低利率が適用されるケースはほとんどありません。利用開始後に適用される金利は最高利率なので、各金融会社を比較する場合にはその会社の最高の利率同士を比較するようにしましょう。

 

消費者金融の利用を開始して何年か経過すると融資限度額が上がり、利率が下がることになります。限度額が50万〜100万円程度であれば会社ごとに適用される金利に差が出る場合があります。会社によっては限度額が少ない間は他社よりも利率を低く設定し、その後100万円前後まで融資枠が増額した段階で他社よりも高い利率を適用するケースがあります。

 

もしも将来的に借入金額の増額を希望するのであれば、利用開始直後は他社と比較して高金利であっても数年後に限度額の増額を見越した上で利率を比較することができます。

カードローンを作るときはどこに相談すればいい?

カードローンをまったくはじめて作る場合は、金利の違い、返済方法の違いなどを銀行の店頭やインターネットのサイトで見ても、具体的なプランなどがわからない、ということが多いのではないでしょうか。

 

一度カードローンで借り入れや返済をすれば何も難しいことではないというのはわかるものですが、申し込んだ後に金利の差でもっとお得に借りられるものが他にあった、ということや自分に適した返済方法が他の金融機関で見つかったということになってもすぐに借入先を変更することはできませんよね。

 

そういったときはやはり借り入れ前に相談をすることが大切です。銀行のカードローンなどを利用したいときは、ローンの相談窓口などでどういったプランがあるのかということだけでなく、自分の借りる目的や返済方法の計画など、いろいろな疑問を聞いてみましょう。

 

窓口に行く時間がない方や、ローンを作るために銀行にいくのをためらってしまうという方のために多くの銀行などでは、ローンのための相談用電話を開設しているところもあります。これは、カードローン申し込みをする前の方が相談できるものももちろんあります。

 

また返済の時の問題などを相談するのは、銀行などの対応してくれる窓口だけでなく、公的機関の法律相談会などを利用する方法もあります。返済時に問題もなくスムーズにできればいいのですが、なにが起こるかはわかりません。無料で気軽にアドバイスをもらうことができますから、地域の相談できる場所を知っておいても損はありませんね。

消費者金融は金利を比較して検討しようの更新情報